スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
Little DJ  -小さな恋の物語-
             ★★★★★
Little DJ 小さな恋の物語
【監督】 永田琴
【原作】 鬼塚忠
【キャスト】
 神木隆之介
 福田麻由子
 広末涼子
 佐藤重幸
 村川絵梨
 西田尚美
 石黒賢
 原田芳雄

野球とラジオ(DJ)が大好きな少年「太郎」(神木隆之介)は野球の試合中突然倒れて、海辺の病院に入院することになった。入院生活に飽きてきた頃、毎日スピーカーから流れるお昼の音楽に興味を持ち、放送先を突き止める。そこには放送用機材や沢山のレコードがズラリと並んでいた。
大先生(院長)の提案から太郎は病院でお昼の放送のDJをはじめる事になる。
放送を通じて多くの人々とのふれあいが生まる中、太郎は「たまき」(福田麻由子)と出会う。

 ∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

当時不治の病だった病気にも関わらず12才の少年が一生懸命生き抜く姿そして少女と少年の甘酸っぱい恋物語を描いた感動の作品。
天才子役と言われている神木クン福田サン
神木クンはとても大人っぽくまだ子供なのに紳士的な感じの俳優サンで、福田サンは凄く笑顔が可愛らしくて演技派の女優さんだと思います。
広末さんや石黒さん原田さんと言った大物俳優の方々も登場するのですが、役柄も出しゃばらず、かといって主役の2人が浮いてしまう事のない配役も演技も上手いなぁと思いました。
どうしても言いたいけど面と向かっていえない事・・・ラジオを通じて色んな人のリクエストに応えて思いを伝えたりと、きっと一度は聞いた事があるかと思う懐かしい曲が流れてきたり全く飽きさせることなく楽しさと感動の連続でした。
思いを伝える事・・凄く大事なんだと実感させられる映画です。
※FM79.5(ナックファイブ)でお馴染みの<小林克也>さんが特別出演されているので聞きなれている方は嬉しいかも♪

挿入歌(一部)
「キャンディーズ」 年下の男の子
「大事MANブラザーズ」 それが大事
「シュガーベイブ」  SHOW
「フィンガー5」  恋のダイヤル6700
「チューリップ」 ブルースカイ

「フィンガー5」  恋のダイヤル6700

(YOU TUBE 動画)

          Little DJ 公式サイト




テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ラ行トラックバック(0) | top↑
ラッシュアワー3
              ★★★☆☆
ラッシュアワー3 プレミアム・エディション
【監督】 ブレット・ラトナー
【キャスト】
 ジャッキー・チェン
 クリス・タッカー
 真田広之
 ノエミ・ルノワール
 マックス・フォン・シドー
 イヴァン・アタル
 工藤夕貴

国際法廷でハン大使が何者かに狙撃された。彼が中国マフィアのボス“シャイシェン”の秘密を明かそうとする直前の出来事だ。大使の護衛にあたっていたリーは怪しげな人影を発見し、即座に追跡を開始。暗殺者を袋小路へと追い詰めるが、銃声を聞いて駆けつけたカーターのせいでまんまと逃げられてしまう。そして驚くべきことに、その暗殺者はリーのよく知る人物、かつて兄弟同然に育った男・ケンジなのだった…(((( ;゚Д゚)))

- - ─ ─ ─────────────── ★

とうとう3まできましたね。
ジャッキーとクリスの迷(?)コンビ・・このお二方は面白い♪
でもね~やっぱ続編は面白みが無くなると言うか・・1や2で感じた『新鮮で、かっこ良くて、面白かった』ってのが感じられなくなるんだよね~だいぶ物足りない感じ^^;
中途半端に日本語使ったりするし、工藤夕貴も中途半端に出演してるし(苦笑)
アクション、コメディには豊富なんですけどストーリーがイマイチ・・。
いつの間にかジャッキーと真田さんの2人の経緯がメインになってたような気がします。
『アレ?何が目的だっけ?って』(苦笑)観始めてからしばらくしてあまり集中できずに観ていました。
洋画はコメディ以外は必ず字幕で観てるんですがクリス・タッカーの場合は吹き替えにしようか迷ってしまいます(´・ω・`)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ラ行トラックバック(0) | top↑
ライラの冒険 黄金の羅針盤
          ★★★★
ライラの冒険 黄金の羅針盤 コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
<監督・脚本> クリス・ワイツ
<原作> フィリップ・ブルマン
<キャスト>
ニコール・キッドマン / サム・エリオット
エヴァ・グリーン / ダコタ・ブルー・リチャーズ
ダニエル・グレイグ
ライラの冒険 黄金の羅針盤 HP

週末行って来ました、先行上映♪
こんなに待ちに待った映画は初めてかもしれません^^;
ブログで去年の7月末に紹介してからずっとですからね。

やっぱりアレですね・・原作を読んでしまうと比べてしまうから所々「あれちょっと違う」とか、「端折ったなぁ。」とか思っちゃいます(特に最後はあんなんじゃなかった。。(泣))

この作品についてはいきなり映画を観ると、【ダスト】やら【ダイモン】だとかちょっと難しい部分もありで観始めは解り難いかも知れません・・。

映像に関しては【ダイモン】の滑らかな動きと姿を変える映像【熊のイオレク】の見事なまでの姿と戦闘【不思議な飛行船】などなど凄い綺麗なCGにひきつけられる映像で満足です。ストーリーも子供染みてなくて大人の方も十分楽しめるかも知れません。そして豪華なキャスト陣、不思議なファンタジーの世界♪
※そしてやっぱりニコール・キッドマンは綺麗だった。(o゚c_,゚o)♪

第二部が楽しみなのですが・・

今、その原作【神秘の短剣】を読んでいます。第一部では不思議な世界、イオレク・バーニソン、ダイモン、魔女のセラフィナ・ぺカーラ達の存在で凄く興味を持ち面白かったのですが・・
第二部は・・・「ん~。。ちょっと、映画になったらどのくらい面白くなるんだろう?この手の映画って二部三部にいくにつれてイマイチになるからなぁ」と思っています(苦笑)今回以上に面白くなる事を期待しつつ楽しみにしています。

あ~。。そぅそぅ、最後にひとつ言っておきたい・・テレビCMでの藤崎マーケットの「ラララライ」のやつ・・アレは無いでしょ。。(;´Д⊂)面白くもないし、何を言いたいのか・・意味が解らないから・・怒)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ラ行トラックバック(0) | top↑
リーピング
               ★★★☆☆
リーピング 特別版 [DVD]
【監督】 スティーヴン・ホプキンス
【キャスト】
 ヒラリー・スワンク
 アンナソフィア・ロブ
 デヴィッド・モリシー
 イドリス・エルバ
 スティーブン・レイ

キャサリン(ヒラリー・スワンク)は奇跡を信じない。彼女が信じるのは事実だけ。
過去に聖職者としてスーダンで布教活動をしていた時、幼い娘と夫を亡くした事からキャサリンは信仰を捨て今ではさまざまな怪現象を科学的分野から調査し答えを見つける事に専念する大学教授である。涙を流す像、聖人のような形の染みが浮き出た壁、血を流す手のひらなどの調査を世界中から受けている。そして今までに彼女が解明できなかった【聖なる謎】は1つもなかったのだ。

しかし、今回は・・・。

ある小さな町「ヘイブン」の住民がキャサリンのもとを訪れ町の人々が神の仕業だと信じている一連の不可解な出来事を調査してほしいと頼まれる、町へ赴いた彼女とパートナーのベン(イドリス・エルバ)。そこでは確かに何かが起きていた・・。一人の子供が川で死に一緒に居た妹ローレン(アナソフィア・ロブ)が神の怒りをもたらしたと信じていた。災いの元として忌み嫌われるローレンはキャサリンにとって救いを求める幼い子供にしか見えなかった。そして、この謎の真相に近づくにつれて世界を闇に陥れようとしている陰謀で自分が何の役割を果たそうとしているのかを思い知らされていく・・。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

   イナゴ少女現る!!

完全なるオカルト映画です・・。
怪現象の裏では黒幕による者の仕業で調査をしていく過程でさまざまな怪現象を暴いていくミステリーサスペンス的なものかと思ってました。
ホント冒頭の調査、ストーリー前半の「真っ赤な川」の調査とかしてるまでは良かったのですが・・後半は思い切りオカルトでした。そして虫とか色んな死骸やらが出てくるので観る方は一応覚悟しといてください(笑)

旧約聖書(十の災い)】をメインに色んな災いがヘイブンの町に起こるのだけどやっぱり印象深いのが「イナゴ少女」でしたね。(映画ではこのように表現しただけですが・・)
旧約聖書の知識は全く無いけど過去に災いが実際起こったようです・・恐)←キャサリンが十の災いを科学者目線から助手に説明する所はボー然と見入ってしまいました。
ローレン演じた【アナソフィア・ロブ】彼女は将来べっぴんさんになりますね~(*´・ω・)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ラ行トラックバック(0) | top↑
Re:DIAL リダイアル
        ★★★☆☆
Re:DIAL リダイアル [DVD]
【監督・音楽】
 マーカス・スターン
【キャスト】
 モニカ・キーナ
 ケビン・チャップマン
 タマラ・ジョーンズ
 アイバン・マーチン


【STORY】
一人住まいの女性ニコール(モニカ・キーナ)は、うっかり電話番号をミスダイヤルし、間違い電話をかけてしまう。ところが、つながったその相手は連続殺人鬼だった。
彼女は次々と起こる殺人事件に巻き込まれるように、殺人鬼から逃れることはできない・・・。殺人鬼は電話で彼女をののしりながら、動揺させながら、まるで楽しむかのように彼女の住む州へ、そして街へ近づいてくる。ついに彼女の住まいの玄関にたどり着いたとき、身辺警護を依頼した刑事や警官たちは殺人鬼から彼女を守りきることができるのだろうか?そして、驚くべき連続殺人鬼の正体は・・・・。


精神的に追い込まれ、観てる方も同じ心境になれる。
最後まで騙された感は残るものの結構面白いが、いまいちスッキリしない・・・。
ラストが「えっ!?そっち?」とツッコミたかったww

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ラ行】 | top↑
前ページ| ホーム |次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。