スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
記憶の棘
                  ★★★☆☆
記憶の棘 オリジナル・バージョン 記憶の棘 オリジナル・バージョン
<監督・脚本>
ジョナサン・グレイザー
<キャスト>
アナ:ニコールキッドマン
ショーン(少年):キャメロン・ブライト
エレノア:ローレン・バコール
ジョゼフ:ダニー・ヒューストン

<あらすじ>
夫を亡くし10年後。再婚をしようとするアナ。そんなタイミングに突然の訪問者・・・それは10歳の少年だった。「僕は君の夫」だと告げる。始めは悪戯と思っていたが・・・徐々に生まれ変わりと主張する少年を信じていくアナ、そして心が揺れ動く・・・本当に少年は亡くなった夫の生まれ変わりなのか?それとも悪戯なのか?それとも・・・。

記憶の棘Nicole Kidman
今年で40才を迎える。
それでも尚この美しさ♪


<感想・ネタバレ?>
最終的には少年が本当に生まれ変わりだったのか、それとも悪戯、病気だったのかは謎で終わります。しかしそれがこの作品の狙いなのかも知れません。
でも手紙だけの情報で少年はアナの全てが解るのでしょうか?2人の思い出、アナの周囲の環境・・。少年の口調、大人びた態度、色々な事を回想すると「生まれ変わり」と信じて良いのでは??
最終的な結果は観客に任せるタイプの作品です。


  「子役の少年」
Cameron Bright
ダークエンジェル
ウルトラヴァイオレット
X-MEN
などでも活躍している。

キャメロン・ブライト



スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 カ行トラックバック(0) | top↑
トラックバックURL
http://polocinema.blog108.fc2.com/tb.php/9-4c809447
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。