スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
初雪の恋 -ヴァージン・スノー-
                     ★★★★★
初雪の恋 ~ヴァージン・スノー~  [DVD]

【監督】 ハン・サンヒ
【キャスト】
 イ・ジュンギ
 宮崎あおい
 塩谷瞬
 森田彩華
 柳生みゆ
 乙葉

舞台は京都そして韓国に。
突然の出会いから二人の恋模様を描いたちょっぴり切ないラブストーリー。

陶芸家(大学教授)の父に同行して京都の学校に転向する事となった生粋の韓国人「ミン」(イ・ジュンギ)自転車に乗って京都の街を走り回るなか、ミンは神社で巫女姿の「七重」(宮崎あおい)と出会い七重に一目ぼれしてしまう。
七重と仲良くしようとする思いとは裏腹にミンは七重の大事な美術道具を川に落としてしまう・・申し訳なく感じたミンは「チンドン屋」でバイトをし貯めたお金で美術道具を弁償する。
ミンの想いがこもった美術道具を受け取った七重は次第にミンに心を開いていく。

日本と韓国の言葉や文化の壁を乗り越えて次第に二人は心通わせていき京都の名所で2人の思い出を紡ぐみながら、ある日入った陶芸店でミンの作った陶磁器に七重が絵を描く事を約束する。
そして、初雪の日にソウルの石垣道を一緒に歩くと二人は幸せになれると言う言い伝えから一緒に歩く事を約束する。その約束をきっかけにミンは嫌っていた陶芸を父から真剣に学び始め七重との約束を果たそうとする。
しかし七重は祇園祭の宵山の日を境にミンの前から突然姿を消してしまう・・・ミンが見る七重の無邪気な笑顔の裏にはどうしても言えない秘密があったのだ・・。

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

  初雪の恋  初雪の恋

こんな一途で切ないラブストーリーは久々です。
韓国一美しい男「イ・ジュンギ」と清楚な京女を演じるのは大好きな「宮崎あおい」豪華なキャストです♪そんでもって撮影場所が大好きな京都なもんで^-^;ストーリーは勿論、風景もシッカリ観させていただきました。
彼の自己チューに感じた役柄にちょっとイラっとする場面もありましたが、無垢な部分もあってちょっと笑える場面があり上手くバランス取れてたと思います。彼女の温か味のある優しい京都弁、彼の前で見せる笑顔に対して陰ある表情を見せる上手さ♪京都の風景とラストの2人が抱き合う画は良かったぁ!

スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ハ行トラックバック(0) | top↑
トラックバックURL
http://polocinema.blog108.fc2.com/tb.php/84-d33c8da4
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。