スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
リーピング
               ★★★☆☆
リーピング 特別版 [DVD]
【監督】 スティーヴン・ホプキンス
【キャスト】
 ヒラリー・スワンク
 アンナソフィア・ロブ
 デヴィッド・モリシー
 イドリス・エルバ
 スティーブン・レイ

キャサリン(ヒラリー・スワンク)は奇跡を信じない。彼女が信じるのは事実だけ。
過去に聖職者としてスーダンで布教活動をしていた時、幼い娘と夫を亡くした事からキャサリンは信仰を捨て今ではさまざまな怪現象を科学的分野から調査し答えを見つける事に専念する大学教授である。涙を流す像、聖人のような形の染みが浮き出た壁、血を流す手のひらなどの調査を世界中から受けている。そして今までに彼女が解明できなかった【聖なる謎】は1つもなかったのだ。

しかし、今回は・・・。

ある小さな町「ヘイブン」の住民がキャサリンのもとを訪れ町の人々が神の仕業だと信じている一連の不可解な出来事を調査してほしいと頼まれる、町へ赴いた彼女とパートナーのベン(イドリス・エルバ)。そこでは確かに何かが起きていた・・。一人の子供が川で死に一緒に居た妹ローレン(アナソフィア・ロブ)が神の怒りをもたらしたと信じていた。災いの元として忌み嫌われるローレンはキャサリンにとって救いを求める幼い子供にしか見えなかった。そして、この謎の真相に近づくにつれて世界を闇に陥れようとしている陰謀で自分が何の役割を果たそうとしているのかを思い知らされていく・・。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

   イナゴ少女現る!!

完全なるオカルト映画です・・。
怪現象の裏では黒幕による者の仕業で調査をしていく過程でさまざまな怪現象を暴いていくミステリーサスペンス的なものかと思ってました。
ホント冒頭の調査、ストーリー前半の「真っ赤な川」の調査とかしてるまでは良かったのですが・・後半は思い切りオカルトでした。そして虫とか色んな死骸やらが出てくるので観る方は一応覚悟しといてください(笑)

旧約聖書(十の災い)】をメインに色んな災いがヘイブンの町に起こるのだけどやっぱり印象深いのが「イナゴ少女」でしたね。(映画ではこのように表現しただけですが・・)
旧約聖書の知識は全く無いけど過去に災いが実際起こったようです・・恐)←キャサリンが十の災いを科学者目線から助手に説明する所はボー然と見入ってしまいました。
ローレン演じた【アナソフィア・ロブ】彼女は将来べっぴんさんになりますね~(*´・ω・)


スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ラ行トラックバック(0) | top↑
トラックバックURL
http://polocinema.blog108.fc2.com/tb.php/82-fd7a17a2
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。