スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
犬神家の一族
                  ★★★☆☆
犬神家の一族 通常版 [DVD]
【監督】 市川崑
【原作】 横溝正史(角川文庫刊)
【キャスト】
 石坂浩二 / 松嶋菜々子 
 尾上菊之助 / 富司純子 
 松坂慶子 / 萬田久子 
 奥菜恵 / 深田恭子 
 加藤武 / 中村敦夫 
 仲代達矢

 
原作もオリジナルも観た事が無く(多分)この作品で初めて観たと思う・・。
コレは真剣に観るものじゃないのか・・?ミステリー・サスペンスのジャンルだけどもコメディっぽく感じられる部分もあり入り込めなかった。キャラ設定が天然チックな主人公のせいなのか、それとも所長の安易な殺人推理が目立つのか、死体のリアルさが無いのかパッとしませんでした。
もっと緊張感のある作品に仕上がってる方が自分好みでしたね。
でもオリジナル版から出演してる俳優、新しく加わった俳優。。俳優人の豪華さは◎!!

あらすじは↓続きで♪

信州の犬神財閥の創始者である犬神佐兵衛は、腹違いの3人の娘とその息子達、佐兵衛の大恩人の孫娘、野々宮珠世らを残してこの世を去る。巨額の遺産が一族の争いの元凶となることを予期した法律事務所の若林は金田一耕助に調査を依頼するが何者かによって殺害されてしまう。
佐兵衛の遺言状は古舘弁護士によって耕助の立ち会いのもと公開されるが、その内容は「相続権を示す犬神家の家宝“斧(よき)・琴(こと)・菊(きく)”の三つを野々宮珠世に与え、遺産は珠世が佐清(すけきよ・長女松子の息子)、佐武(すけたけ・次女竹子の息子)、佐智(すけとも・三女梅子の息子)の3人の中から婿に選んだ者に与える」という相続争いに拍車をかけるようなものであった。3姉妹の仲は険悪となり、やがて佐武が惨殺され、直前に佐武と会っていた珠世に容疑が向けられてしまう。しかし、それは一族間で次々と殺人事件が発生する序章にしかすぎなかった・・。
スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ア行トラックバック(0) | top↑
トラックバックURL
http://polocinema.blog108.fc2.com/tb.php/76-85270cbe
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。