スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
ハンニバル・ライジング -Hannibal Rising-
                 ★★★★
ハンニバル・ライジング スタンダード・エディション [DVD]
監督> ピーター・ウェーバー
キャスト>
 ギャスパー・ウリエル
 コン・リー
 リス・エバンス
 ケヴィン・マクキッド
 スティーブン・ウォルターズ
 リチャード・ブレイク
 ドミニク・ウエスト
 チャールズ・マックイグノン

1944年リトアニア。
名門貴族の家系に生まれたハンニバルは戦争の悲劇により両親を失い幼い妹(ミーシャ)と共に山小屋でひっそりと暮らしていた。そこへ、逃亡兵たちがやって来て2人を監禁・・終戦後、ハンニバルは孤児院へ送られるがそこはかつてのレクター家の古城だった。母が残した手紙を手に孤児院を脱出しパリの叔父を訪ねた時、彼を迎えてくれたのは美しい女性だった。

ハンニバル・レクターの誕生の秘密が明かされる。
アンソニー・ホプキンス演じるレクター博士の幼少期~青年期を描いた作品。
彼が何故人体に詳しいか、何故彼なりのこだわった殺人をするのか、そして人を食すのか・・。それがこの作品に描かれている。
戦争で両親を亡くし、後に大切な妹までも殺されてしまう辛い過去を背負っているハンニバル。そのことから妹を殺した兵士に復讐していく訳だが・・。
『レッドドラゴン』『羊たちの沈黙』などとは違った感じでこの作品も面白いと思う。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ハ行トラックバック(0) | top↑
トラックバックURL
http://polocinema.blog108.fc2.com/tb.php/58-c3d16682
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。