スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
UDON
      ★★★★
UDON スタンダード・エディション [DVD]
監督 本広克行
キャスト
 ユースケ・サンタマリア
 小西真奈美 トータス松本
 鈴木京香 小日向文世
 木場勝己 升毅
 要潤 片桐仁


香助はコメディアンとして有名になる為NYへ渡米・・・しかし挫折の連続・・借金を抱えて帰国する。頑固なうどん職人の父(拓富)は激怒!!借金を返すため友人の紹介で地元香川の出版社で働く事になる。「讃岐にはうどんの情報が無い!」そんなことからタウン誌でうどんのコラムを始める。これが大反響を呼び日本中がうどんブームになる。しかし父(拓富)が急逝してしまう・・・・。

udon一昼夜山林を彷徨った後に食べた一杯のうどん。
空腹のあまり感激する2人。
※青空の下で食べるうどんが美味しそう。

香助達が作ったうどんを
試食し終えた万理(姉)
息を凝らし見守る一同。

udon3


<感想>
小西真奈美演じる恭子の天然振りには笑わせられた。
数人が仕掛けるコラムによって日本全国に讃岐うどんブームを巻き起こすのだが、うどんを通じて人の「情」を感じた作品だった。笑もあって感動させられる作品でした。これだけ美味しそうなうどん、そして美味しく食べる人達を見ては帰りにうどんを食べない訳にはいでしょう♪
ただ・・ガッカリしたのは「キャプテンUDON」が登場するCGを使ったアニメ・・アレにはガッカリだ。


(余談)でも、この作品を見てから時々自分で手打ちうどんを作るようになりました♪乾麺とは比べ物にならない位美味しいです。




スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ア行トラックバック(1) | top↑
トラックバックURL
http://polocinema.blog108.fc2.com/tb.php/5-41dba303
小日向文世小日向 文世(こひなた ふみよ、1954年1月23日 - )は日本の俳優。北海道三笠市出身。東京写真専門学校(現・東京ビジュアルアーツ)卒業。愛称「コヒさん」。血液型O型。来歴・人物卒業後中村雅俊の付き人をしつつ演劇の道を目指し、1977年、
さやかのブログ【2007/06/19 05:07】
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。