スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
ベンジャミン・バトン -数奇な運命-
   ★★★★★
   141
  >>オフィシャルサイト

   監督
     デビッド・フィンチャー 
   出演
     ブラッド・ピット 
     ケイト・ブランシェット 
     タラジ・P・ヘンソン 
     ティルダ・スウィントン

約3時間弱? そんなに長かった映画だったのかと後から気づいた(苦笑)
ストーリーも映像も淡々としている方だと思いますが全く飽きがない最期までベンジャミンの運命に魅せられていましたw そして驚いた事にブラピは45才だったと言う事だww なんと若々しい・・映画では老人から若い頃を演じているが違和感も無くそこがまた不思議。 この作品をみたら「自分の人生ってなんてちっぽけなんだろう!」なんて思ってしまう。 主人公の特異な体質で愛し合う人とも永遠に一緒に居られない・・・その出会いや別れ、色々な経験、一分一秒 一瞬が大事なんだと考えさせられる作品ではないでしょうか?
ブラピ、ケイトだけじゃなく他のキャスト達も◎
久々に良い映画観たなってかんじですかね。強いて言うなら後半の人生は前半に比べて端折った感が感じられたのがちょっと残念かな( ´・ω・)


あらすじは↓続きでw


あらすじ>
1918年、ニューオーリンズ。ある一組のカップルの間に男の子が産まれる。しかし、その赤ん坊は80歳の老人と見まがうほど奇異な容貌をしていた。ショックを受けた男は困り果てた末、赤ん坊を老人養護施設に置き去りにしてしまう。そして、施設を営む黒人女性クイニーに拾われた赤ん坊はベンジャミンと名付けられ、献身的に育てられるのだった。成長するにつれ髪が増え、皺が減り、車椅子から立って歩けるようになるなど、普通の人間とは逆に若返っていくベンジャミン。やがて少年期を迎えた彼はある日、施設入居者の孫娘で6歳の少女デイジーと出会う。それは、これから様々な経験を積み壮大な人生を歩んでいくベンジャミンにとって、今後かけがえのない存在となる女性との運命の出逢いだった…。

        142
スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ハ行トラックバック(0) | top↑
トラックバックURL
http://polocinema.blog108.fc2.com/tb.php/198-fe335f30
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。