スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
ナンバー23
ナンバー23 アンレイテッド・コレクターズ・エディション
★★★☆☆
【監督】 ジョエル・シューマッカー
【キャスト】
 ジム・キャリー
 ヴァージニア・マドセン
 ローガン・ラーマン
 ダニー・ヒューストン
 ローナ・ミトラ
 リン・コリンズ

ん~。予告でなんとなく・・何でも『23』に当てはめるんでしょ?と思っていましたが。・・その通り?
あそこまで強調されると( ´_ゝ`)
というか、23になる数字(出来事)を良くここまで探したなって感心ww
意外だったのが小説の主人公自体が過去の自分(ウォルター)だったって事ですかな。
個人的にはサスペンス・ミステリーってジャンルの本や映画とか好きで読み始めると夢中になるけど( ・∀・)
あとは、こちらがひいてしまうほどのウォルター(ジム)が突っ走ってしまってる感じ。
でも↑演技とかはやっぱ上手い!終始シリアスな雰囲気を醸し出すジム、危機迫る緊迫感などは十分に伝わってきました。

─────────────── ─ ─ - -
               < あらすじ >
ある日、ウォルター(ジム・キャリー)は導かれるようにして1冊の本を手にする。背筋が凍るような殺人ミステリーに震え上がりながらも、食い入るように読みすすめていくウォルター。そこに描かれるのは自分の生い立ちによく似た物語と、執拗なまでの“23”という数字。謎が謎を呼び、やがて彼の周りで次々と謎の事件が起こり始める…。



スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ナ行トラックバック(0) | top↑
トラックバックURL
http://polocinema.blog108.fc2.com/tb.php/153-c14a70ad
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。