スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
そのときは彼によろしく
    ★★★☆☆
そのときは彼によろしく スタンダード・エディション
【監督】 平川雄一朗
【原作】 市川拓司
【キャスト】
 長澤まさみ 子役:黒田凛
 山田孝之 子役:深澤嵐
 塚本高史 子役:桑代貴明
 国仲涼子
 和久井映見
 小日向文世
 北川景子
そのときは彼によろしく オフィシャルサイト


離れ離れになった3人の幼馴染・・
花梨が現れた事によって見えない強い力で3人は引き合う事になる。。幼少の思い出を振り返りながら喜びと悲しみ切なさを繰り返す。幼少の時の温もりのある暖かな雰囲気、アクアプラントの不思議と安らぐ映像がとても良かった。子役の3人も凄く良かった♪ってか幼少時代を振り返りながらなので子役サンたちナイスでした♪
でもね・・終盤『えー!?まだあるの!?』ってちょっと以外と言うか(苦笑)奇跡のラブファンタジーと思えば良いのですが・・幼馴染3人は結局Happyに終わる形なのですが、それまでの経緯で凄くしんみりしてしまった事が個人的にはマイナスでした
昏睡状態の祐司を花梨の魂(?)が救い、智史と祐司が深い眠りに入ってしまった花梨を前にして、花梨がスケッチブックに残した手紙を読み終えた。。『そのときは彼によろしく』で読み終えて、感情も昂ったのでそこで終わって欲しかったかも・・。それと塚本サンの出番がめっちゃ少なかった事も残念でした。

★ ─────────────── ─ ─ - -

幼馴染と誓い合い夢だったアクアプランツ(水草)のお店『トラッシュ』を開店した遠山智史(山田孝之)。そんな智史のお店にある日突然トップモデルの森川鈴音(長澤まさみ)が現れる。
違和感を抱きつつも智史は鈴音を店員として雇うのだが、なぜか鈴音には懐かしさのようなものを感じていた。それもそのはず・・・実は鈴音は智史の幼馴染の滝川花梨だったのだ。
再開を喜び合う智史と花梨。しかし2人にはもう一人会うべき、親友がいた。画家になると夢見ていた五十嵐佑司(塚本高史)だ。音信不通だった祐司の知り合いから突然の電話が・・再開した佑司は事故に遭い、病院で昏睡状態だった。そして、同じくして明らかになっていく花梨の秘密。
彼女に残された時間はあとわずかだった――。

      
スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 サ行トラックバック(0) | top↑
トラックバックURL
http://polocinema.blog108.fc2.com/tb.php/143-d2ab9014
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。