スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
カムイ外伝
    ★★★☆☆
011監督> 崔洋一
出演>
 松山ケンイチ / 小雪
 大後寿々花 / 金井勇太
 土屋アンナ / 芦名星
 佐藤浩市 / イーキン・チェン
 伊藤英明 / 小林薫

公式サイト

結構グロイシーンあったけどR指定じゃないんだねw

カムイの気持ちになると凄く辛いわぁ。。安息の地になろうとしてたのに(泣)酷いよサメサメ団!!(ボス!)

ん~・・・期待してたからちょっとガッカリだったかな。やっぱCMは期待させるよね(笑)中途半端なCGとか・・特にフワフワ飛ぶ(ワイヤー)のがキライやねん!つまらなくは無かったんだけど観てて『いつ終わるんだろう・・いつおわるんだろう』と思いながら観てしまいましたorz・・・
でも出演者の方々が大好きな人達ばかりなので個々の魅力は十分楽しめましたけどね。

あらすじ>
 鉄の意志を持ち、見事な剣の腕前を持つ忍者カムイ(松山ケンイチ)は、おきてにがんじがらめにされた忍びの世界に閉口してそこから抜け出す。かつての仲間、大頭(イーキン・チェン)やミクモ(芦名星)はそんな彼を裏切り者とみなし、執拗(しつよう)にその後を追う。ある日、漁師の半兵衛(小林薫)を助けたことでカムイはその家族に歓迎されるが……。

スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 カ行トラックバック(0) | top↑
歓喜の歌
  ★★★☆☆
歓喜の歌 [DVD]
監督  松岡錠司
原作  立川志の輔
出演
 小林薫  安田成美
 伊藤淳史  由紀さおり
 浅田美代子  藤田弓子
 根岸季衣  平澤由美
 片桐はいり
>>公式サイト

「安田さん綺麗だなぁ」凄く印象に残った(笑)ホールでの主任に言った悪魔の囁きには可愛い顔して言うなぁってww怖さを覚えたけど笑える。
とんでもないドタバタ劇 落語を映画化って珍しい? でも面白かった。『だから』面白かったのか? 笑える♪ 話しが面白かったので最期のコーラスはどぉでもよくなってた(苦笑)そこまでのストーリーが面白すぎでしょ( ・∀・)

どぉしょもない飯塚主任彼は生まれ変わるのだー!

はぁ~安田さん綺麗だなぁ。。。。 あんな奥さん欲しいなぁ・・・(´・ω・`)

あらすじは↓続きでご覧下さいw

つづきをよむ
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 カ行トラックバック(0) | top↑
紀元前1万年
            ★★☆☆☆
紀元前1万年 特別版 [DVD]
監督
 ローランド・エメリッヒ
出演
 スティーブン・ストレイト
 カミーラ・ベル
 クリフ・カーティス

もっと マンモス サーベルタイガーを使ったCGを観たかったw
我が儘を言うならサーベルタイガー達と旅して欲しかった(笑)
予告であんな映像見せられた期待しちゃうっしょ??フツー?
奪われた仲間達と愛する妻を救う為に旅の道中、色んな部族と出会い助け合い、旅をし 良くある宗教染みた奴等をやっつけると言ったお話し。 ちょっと飽きるけど所々現れる太古の動物達(マンモス サーベルタイガー 猛野鳥くらいだけどw)の登場でドキドキワクワク♪

∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞~~~∞

あらすじ>
神々の息吹が世界に満ち、巨大なマンモスが大地を揺るがしていた紀元前1万年。山奥の集落で暮らす若きハンター・デレーは、不思議な運命を持つエバレットと惹かれあい、結ばれようとしていた。しかし集落が謎の部族に襲撃され、エバレットは連れ去られてしまう。仲間と共に彼女を追ったデレーは、恐鳥やサーベルタイガー、他の部族と遭遇しながらも、なんとかエバレットの待つ、ピラミッドがそびえる地へとたどり着くが……。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 カ行トラックバック(1) | top↑
奇跡のシンフォニー
         ★★★★★
奇跡のシンフォニー [DVD]

監督
 カーステン・シェリダン
キャスト
 フレディ・ハイモア(Wikipedia)
 ケリー・ラッセル
 ジョナサン・リス=マイヤーズ
 ロビン・ウィリアムズ

奇跡のシンフォニー 公式サイト

出来すぎなんじゃない? て思うかもしれないけど ファンタジーに近い感覚で観てださい。

「感動しました 泣きました」 って言うより凄く温か味のある優しい気持ちになる作品でした♪
久々に もう一度観たいなって思ったw

両親の存在を信じ音楽を通じて探すエヴァン(オーガスト)。
離れ離れになった愛するルイスを求めつつ そして11年後初めて子供の存在を知ったライラ。
こちらもライラを求めつつ そして自分の息子と知らず公園で話し演奏したルイス。
それぞれの想いが交差し音楽を通じて上手い事交わり スピーディでテンポ良く展開する作りに上手いなぁと関心しつつ ツッコミ所は幾つかあるけれどソレは後から自分で納得させてと(笑)

とにかく 綺麗です ストーリーも映像も音も。(←映画館で観たかったorz・・・)
フレディ君の表情が絶妙です。 そして チョイ役達の歌声も演奏も文句無しです(音楽は素人ですが) 悪役と言っては失礼ですがロビン・ウィリアムズの存在も大きかったんじゃないかな。
久々に約2時間魅入った作品でした。

ラストのフレディ君のあの笑顔 それを見つめる2人(両親) あのシーンを見ただけでその後の展開は要らないでしょ?

ネバーランド チャーリーとチョコレート工場 アーサーとミニモイの不思議な国 スパイダーウィックの謎 と皆さんご存知(?)の作品に出てる彼w 今後の活躍が楽しみです♪


  ストーリは↓続きでどぉぞ。

つづきをよむ
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 カ行トラックバック(0) | top↑
K-20 怪人二十面相・伝
 ★★★★

1949年、帝都。 第二次世界大戦が起こらなかった 日本。
社会は、19世紀から連綿と続く華族制度によって富者と貧者の二極化がなされていた。

そんな世に生きる 平吉(金城)は、小さなサーカス小屋で曲芸とイリュージョンを混ぜた独特のショーで人気を博していた。 サーカス団には、貧民街で暮らす孤児のシンスケや仕掛け作りの天才・泥棒長屋に住む源治がいた。 

羽柴財閥の跡取り・羽柴葉子(松たか子)は、名探偵・明智小五郎(仲村トオル)との結婚を間近に控えていた。 葉子は明智との結婚に乗り気ではなかった。そんな中、二十面相から羽柴家へ一通の予告状が届く。 「結納の日 羽柴財閥が持つ、『バベルの塔』を頂戴する」

一方、平吉はサーカスを見に来ていたある紳士から、葉子と明智の結納の儀に潜入し、写真を撮ってほしいとの依頼を受ける。 報酬に魅力を感じた平吉は了解するが、それは二十面相の罠だった。

結納の日、羽柴ビルに潜入した平吉は、巧妙な仕掛けによって、二十面相に仕立て上げられてしまう。 そして、二十面相は、明智のいない隙に、葉子にまでその手を伸ばし始める。

二十面相の目的は果たして何か? 平吉と明智は、二十面相に挑む決意をする!
131


監督・脚本
  佐藤嗣麻子
キャスト
  金城武
  松たか子
  仲村トオル
  國村隼
  高島礼子
132

いやぁ、結構面白かったよん。
お正月映画で見た中では一番楽しめました♪
家族 友人 恋人同士で行ってヨシ!老若男女楽しめる映画かと思います。
  K-20 怪人二十面相・伝


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 カ行トラックバック(0) | top↑
| ホーム |次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。