スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
ミラーズ
★★☆☆☆

ミラーズ

監督
 アレクサンドル・アジャ
キャスト
 キーファー・サザーランド
 ポーラ・パットン
 エイミー・スマート

   133

同僚を誤って射殺してしまい鬱と停職処分になったベンは何とか仕事を見つけようと過去に火災で燃えた廃墟のデパートの夜警を勤める事になった。 デパートにある大きく綺麗な鏡に触れた事から不可解な現象が起こり始めベンの家族の命を脅かす恐怖が始まり絶望的な恐怖を体験する事になる。
その鏡にまつわる事を調べていくうちに 1人の少女が浮かび上がるのだが・・・ベンは家族を守り鏡の謎を解く事ができるのか・・・。

   134

ホラーとか滅多観ないのですが・・何故か予告で惹かれてしまい劇場で観てしまいました。 怨霊とかめっちゃ苦手ですけど^^; 家族愛も含まれて謎を追求すると言うサスペンス的要素もふくまれているのでそこが救いww ベンが見る鏡の世界の幻影が凄く恐ろしさを感じたけど ・・ スクリーンのデカさw 音量デカさで ビビリまくりでした(笑) 一番辛かったのは ベンの妹が殺されてしまうシーンが一番痛々しく 『うわぁ~まじかよ』と言ってしまいましたとさ。(←どんなだったかは 言わないので 観てみて下さいww)

怪奇現象に巻き込まれながらも家族を救う為原因を追究していく主人公 ラスト化け物の登場で一気に冷めましたorz・・・ あの化け物さん要らなかったなぁと個人的意見ですw
さて、無事に助かった(?)ベンですが 目に映る全てが逆になっているって事はどぉ解釈すればいいのでしょうか??? 鏡の中の住人になったって事かな??

スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 マ行トラックバック(0) | top↑
メールで届いた物語
      ★★★★★

【mail】
相武紗季
加瀬亮

監督・脚本>清水浩

【CHANGE THE WORLD!】
吹石一恵
多部未華子

監督>伊藤裕彰
脚本>井上淳一

【アボカド納豆】
岡田義徳
大倉孝二
奥貫薫

監督>鈴木元
脚本>大森寿美男

【やさしくなれたら…】
北村一輝
原沙知絵

監督>鳥井邦男
脚本>鳥井邦男 / 加藤正人

   - - ─ ─ ─────────────── ★

メール(手紙)を題材にした4作品のショートラブストーリーです。そして4つの話しがさり気無く繋がっている所が良いじゃん♪話も面白いし時々笑えたり感動したり、切なくなったりw人と人とのつながりの暖かさを感じる作品ですねぇ。うん、良かった^^

「mail」「アボカド納豆」が特に好きww
吹石一恵さんはやっぱ美人だわぁ♪

メールで届いた物語 [DVD]メールで届いた物語 [DVD]
(2005/09/21)
オムニバス・ムービー加瀬亮

商品詳細を見る



テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 マ行トラックバック(0) | top↑
ミスト -THE MIST-
         ★★★☆☆

ミスト 公式HPは ココをクリック

 感想デス→
サバイバリーな作品でしょうか?サスペンスであり、ミステリー、でモンスターパニックww
突然の「ナニモノ」かの出現に対しスーパーに立て篭もる(閉じ込められた)人々。
外に出れば命の保障は無いが生きる為には脱出しなくてはならない
ナニモノかの正体は分からないけど現実に向き合う人達、神だと崇める人達(苦笑)←この手のモノはこーゆーパターンが多い気がして好きくない。
でも外国はそぉいった信仰が根強いからだと思います。って納得しましょう。
ラストは・・『あ~あ・・』と絶望です。観てるだけだから「あ~あ」でと軽く言えるのだろうけど当人にとっては絶望以上の言葉が必要でしょう・・。
そして謎の「ナニモノ」かの正体そして行方はハッキリしないまま終わりました。
観終えてなんじゃコリャって思いましたが、後から思うと、希望と絶望、恐怖感に満ち人の心理を上手い事表現してる作品なんだなぁと思います。

ミスト
監督→フランク・ダラボン
キャスト→
トーマス・ジェーン
マーシャ・ゲイ・ハーデン
ローリー・ホールデン
アンドレ・ブラウアー


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 マ行トラックバック(0) | top↑
ミッドナイトイーグル
               ★★★☆☆
ミッドナイトイーグル スタンダード・エディション [DVD]
【監督】 成島出
【キャスト】
 大沢たかお / 竹内結子
 玉木宏 / 吉田栄作
 袴田吉彦 /  藤竜也
 石黒賢 / 大森南朋
 坂本爽 / 佐原弘起

             日本滅亡まで48時間。

かつて世界中の戦場を駆け巡り、生と死の現実を撮り続けたカメラマン西崎は戦火の中で彼を襲ったある出来事、そして病気の妻を顧みなかった事で自分を責め一人山に篭り空を撮り続ける日々を送っていた。ある晩テントの上を何かが横切って行く・・空に向けたカメラの先に轟音と共に駆け抜けていく赤い光があった。反射的にシャッターを切る西崎。
分析の結果、ソレはアメリカのステルス爆撃機【通称:ミッドナイトイーグル】だった!ソレには日本を危機にさらす爆弾が積み込まれていたのだった…。特ダネ記事にしようと西崎を雇う元山岳部後輩の新聞記者の落合・・雪山を登るにつれて白い衣装で武装した自衛隊、そしてミッドナイトイーグルに積み込まれた爆弾を起動させようとする工作員達と遭遇する事になる・・・。

    ミッドナイトイーグル   ミッドナイトイーグル

一度は見失いかけた自分を取り戻す為・・愛する人を守る為戦い続ける「西崎」
迫り来る敵に背を向けることなく事実を伝えようと戦い続ける「落合」
自国を守ろうと職務を全うしようとする「佐伯」
国を守るべきか雪山の国民を救うべきか苦悩する「首相」
身の危険を感じながらも重症を追った工作員と接触し重要な情報を聞き入れた「有沢と青木」
etc・・・ 雪山と地上・・彼らの追い求めたモノが重なり合い日本を救うことになる。個々の想い、大切な人を守る事。。失いたくないモノ・・ハッピーエンド(メデタシメデタシ♪)で終わるのかと思ったけど。。いやいや、感動させられました。
山岳サスペンス・アクションのジャンルみたいだけども、あまり気にしないで観た方が良いでしょう、ヒューマンドラマ的なジャンルで観るのがお勧めです(個人的に・・)

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 マ行トラックバック(0) | top↑
蟲師
                         ★★☆☆☆
蟲師 (通常版) [DVD]
【監督】  大友克洋
【キャスト】
 オダギリジョー
 江角マキコ
 大森南朋
 蒼井優
 李麗仙
 りりィ

       話題のベストセラー・コミックを、
       アニメ界の鬼才・大友克洋が実写化。
       蟲とヒトを巡る壮大なファンタジー!!

100年前の日本では、ある日突然、耳が聞こえなくなったり、角が生えたりする奇妙な現象が起きる事があった。人々はそれを、目には見えない“蟲”の仕業と噂した。そして、その蟲の姿が見え、封じることが出来る者を蟲師と呼んだ。蟲師・ギンコは、筆で書いた文字で蟲を封じる足の悪い美しい娘、淡幽に会うため長い旅を続けていた。しかし、ある事件に巻き込まれ、ギンコ自身が蟲に冒されてしまう…。

なんと感想を書けばいいのか・・・
とりあえず入り込めない、物凄い間があるので所々寝た。。。
蟲の悪さというのか、人の身体に潜り込み病気のような症状を起こす、それを蟲師という存在が治療(治療方法)を見つけ出し退治するようなんだが・・そんだけぇ!?みたいな・・・。
 『ぬい』と『ギンコ』の関係も微妙にわかり難かった↓
多分だけど・・子供の頃(ヨキ)土砂崩れで母を亡くし『ぬい』に拾われたのが今の『ギンコ』という事でしょう。てっきり同じ頃に起きている話しだと勘違いしてました・・(ぬいが後半物凄く老けていたのでそこで初めて気が付いた。)
キャラは『ギンコ』が鬼太郎に見えたり・・『ぬい』が砂かけババアに見えたり(笑)
ただ良い所は、壮大な風景、映像は美しかった。そして淡幽演じた蒼井優はかっこよかった。

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 マ行トラックバック(0) | top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。