スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告】 | top↑
ソラニン
     048          ソラニン



OL2年目で会社を辞めた芽衣子(宮崎あおい)。 音楽への夢をあきらめきれないフリーターの種田(高良健吾)。不確かな未来に不安を抱えながら、お互いに寄り添い、東京の片隅で暮らすふたり。だが、芽衣子の一言で、種田はあきらめかけた想いを繋ぐ。ある想いを込めて、仲間たちと「ソラニン」という曲を書き上げた種田。ふたりはその曲をレコード会社に持ち込むが…。不確かな未来に揺れながらも、新しい一歩を踏み出していく若者たちを描き、絶大な人気を博した 浅野いにおの傑作コミック「ソラニン」を映画化。主人公・井上芽衣子を宮崎あおい、恋人の種田を高良健吾が演じる。

・…………

傷ついたって 倒れたって良いじゃないか。今を後悔しないように生きていこう!

若く 脆く 必死で生きる彼等に心打たれました。

今年34歳。 仕事 世間 気持ちの安定を求めている自分・・若かりし頃が懐かしい。

芽衣子のライブシーンで解き放たれる感じです。良かった♪

スポンサーサイト
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 サ行トラックバック(0) | コメント(0) | top↑
バイオハザードIV -アフターライフ-
    047
        ↑前回の記事の使いまわしですんません。
 
 ポール・W・S・アンダーソン

 ミラ・ジョヴォヴィッチ(アリス・アバーナシー)
 アリ・ラーター(クレア・レッドフィールド)
 ウェントワース・ミラー(クリス・レッドフィールド)
 ショーン・ロバーツ(アルバート・ウェスカー)
 スペンサー・ロック(Kマート)
 中島美嘉(東京初:発:アンデット)
 シエンナ・ギロリー(ジル・バレンタイン)

・…………

観てきました♪しかも『IMAX3D』で(。・ω・)ノ゙

中島さんナカナカはまり役でしたね♪
東京でのアリスのアクションは凄く見応えあります!美しいアクションを見ていました♪ミラジョボに夢中ですww
舞台「東京」はアッサリ終わってしまうけどね(笑)

さて、Ⅲで「安息の地:アルカディア」に向かったクレア一行ですが。。それはアンブレラ社が仕掛けた罠だった訳です。
皆を探す為に旅をするアリス、ようやくクレアを発見したもののアンブレラ社が付けた機械でクレアは一時的な記憶喪失に・・
クレアを連れロスに向かう2人は生存者を発見するもそこはアンデット達に囲まれて脱出不可能な監獄だったのです。
そしてアルカディアとは生存者を乗せる船の事を知るアリスでした。
バカデカイ斧を持ったアンデット登場で建物に侵入を許してしまう・・※このバカデカイアンデットは何者なんだと疑問は残るw
クリスの協力もあり脱出に成功はしたけど犠牲は大きかった・・・

クレア(アリ・ラーター)やっぱ素敵だわ~♪たまらん!!

なんとかアルカディアに到着したアリス、クレア、クリスは船内に浸入して驚愕の事実を知る事に!
そしてそこで待ち構えていたのはアルバート・ウェスカーだった。


って感じの内容です。まだ観てない方ゴメンナサイ。


なんだろ、もぉバイオハザードを通り越してアクション映画になっています(笑)マトリックスな感じも入っちゃってます(・A ・)それでも好きな役者が出てると関係ないっス!ミラの華麗なアクションはホント見応えアリです。アリのクールでカッコイイアクションもサイコーです。クリス役のあんちゃんもイケてます。Kマートは相変わらずプリティちゃんでした(〃∇〃) ただちょっと残念だったのがジルがラストのほんのちょこっとの出演で終わってしまったのが悔しいです!!!!仲間でバリバリ戦ってくれると思ってたので・・・。今は機械をつけられアンブレラ社に。。。まだ続く感じですね。
アルバート・ウェスカーがレッドフィールド兄妹の存在に対してに放ったセリフが妙に気になります。なんかありそうですあの兄妹。

次回作あるなら凄く楽しみです。てか、もう1回観たいです(笑)
^^;

オフィシャルサイトへは ↓前回の記事へ


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ハ行トラックバック(1) | コメント(0) | top↑
バイオハザード Ⅰ Ⅱ Ⅲ 
やってみました。
バイオハザード祭り(笑)

9月10日から「バイオハザード -アフターライフ-」公開直前と言う事で過去の3作品見直しちゃいました(゚∀゚)

①>赤いドレス姿が綺麗です♪
アンブレラ社地下施設内が何者かによってTウィルスを散布される。
ウィルスを察知したレッド・クイーン(施設のコンピューター)が施設を封鎖し作業員を全員殺害してしまう。
異常を察知したアンブレラ社はレッド・クイーンをシャットダウンする為に特殊部隊を送り込むのだ。

とある屋敷の浴室で目覚めたアリス。
一時的記憶喪失の彼女の前に突如現れたアンブレラ特殊部隊+そこに居合わせたマット(自称:警官。だけど本当は自然保護研究家)+貸車の中に居たスペンスと共に地下施設ハイブに潜入する事に。
レッド・クイーンをシャットダウンさせた事により閉鎖された空間からアンデット化した彼らがアリスたちに襲い掛かる。限られた時間の中でハイブから無事に生還できるのか・・・。

・…………

②>前作で生き残れたのはアリスとマット。しかし感染したマットはアンブレラ社に拘束されていた。感染はないものの同じくアリスも・・。病院のベットで目覚めるアリス。外に出ると閑散としてるラクーンシティ・・すでにウィルスの感染は広がり街全体をアンデットたちが彷徨う。
※①の部隊後、研究者チームが訪れて扉を開け襲われ街に放出。
ガ━━━(゚Д゚;)━━━ン!
完全包囲されたラクーンシティは刻々と破滅の時を迎えていた。
そんな中、研究者からの娘を救助する事を頼まれる。街から脱出しようとするアリスは道中ジル、カルロス、LJ、数人の生存者達と遭遇し共に戦う事に。

そしてついにアンブレラ社の本来の目的が明らかになる。。。

アリスvsネメシス。。。

ネメシスはラクーンシティと共に消滅した。無事脱出したアリス達だったが爆破の衝撃でヘリは墜落。
またもアンブレラ社に拘束されたアリス。。…(ノд・。)マタデスカ?

施設脱出に成功したアリス待ち構えていたのはカルロス、ジル、LJ、アンジェラだった。そしてⅢへ・・。

・…………

③>Kマート(スペンサー・ロック)可愛くね??(〃д〃)
感染は全世界に広がり生き抜くことは旅をし続ける事。
ジルの登場がないのが残念です ウワーン!!!(ノTДT)ノ ┻┻
②で合流できたのだが危険を感じて独りになる事を選んだアリス。旅を続けるなかクレア率いる生存者集団と遭遇♪その中にはかつての戦友カルロスとLJの姿が。
旅の道中で見つけた安息の地を目指して旅に出る一行だがアリスの居場所を知ったアイザック博士はアリスを捕らえるべく実験で凶暴化したアンデット集団を送りこむ。次々と犠牲になっていく一行・・・

アイザックの研究施設を見つけたアリスは仲間達と別れ1人潜入をする。凶暴化したアンデットに噛まれた博士は抗ウィルスを沢山打ち変異していた。

アリスvsタイラント。あっさり死亡ww

タイラントに勝利したアリスは施設内で予想だにしない光景を見ることになる・・・・そして舞台は東京へ。。

・…………

と、オサライでした。

いつみても何度みてもいいですね♪3夜連続で見直して相関図も把握したし、改めて色んな部分に納得しました。
土曜日に行きますよ!もちろん3Dで♪
そしてミラジョボの瞳は美しい。 レイン、ジル、クレア、この3人の女性戦士もまた綺麗でカッコよすぎる!アリ・ラーター大好きです。


てか、仕事が微妙な感じなので土曜日に行けるかどうか不安になってきました・・・(泣)

    オフィシャルサイト
     047
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ハ行トラックバック(0) | top↑
HEROES -Season3-
   046

シーズン1
シーズン2

シーズンを重ねるごとにダラダラ観ているオレ・・。
だってつまんないんだもん。 今までのワクワク感もないしサブキャラ達が本当に目立たなくなってきてる。サイラーvsペトレリ家みたいな感じやん。んま、シーズン3は意外な展開で終わった事にビックリしましたけど(((( ;゚Д゚)))

ファイナルシーズンがあるらしいですね♪
あの後はもちろん気になりますがいつ頃からレンタル始まるんだろうか・・・

あれだけの個性豊かな俳優サンと超能力という設定があるんだからもっともとっと楽しい演出ワクワクさせてくれるストーリーにしてください。お願いします ( ノ゚Д゚)


テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
海外ドラマトラックバック(0) | top↑
パーフェクト・ゲッタウェイ
           公式サイト
045

デヴィッド・トゥーヒー

ミラ・ジョヴォヴィッチ  ティモシー・オリファント
キエレ・サンチェス  スティーヴ・ザーン
マーリー・シェルトン クリス・ヘムズワース


世界一美しいリゾート地、ハワイ。そこで1組のカップルが殺害された。ハネムーンでこの地を訪れていたクリフ(スティーヴ・ザーン)とシドニー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)は、現地で仲良くなった周囲の人間たちに疑いを持ち始める。軍隊にいた男と、その彼女。刺青をした男と、その彼女…。果たして誰が犯人なのか。そして彼らの目的は一体――。予測不可能な展開が待ち受ける、『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチ主演のアクション・サスペンス。

・…………

犯人は誰?容疑者は一組のカップル。
登場人物は少なく犯人探しは容易であったよ♪
■「シドニー:クリフ」 ごくごく普通の幸せカップル。そんなパターンがいちばんアヤシイ(笑)
■「ジーナ:ニック」  信じられない過去の武勇伝話しをし動物まで捌いちゃうサバイラー。普通にアヤシイ。
■「クレオ:ケイル」  怪しい雰囲気だが登場が少なすぎで殺人犯とは思えない2人。

面白くなるのは終盤です♪中盤までは大自然を背景にトレッキングが続きます。いいな~♪トレッキング楽しそう♪といった感じです(笑)でも、殺人カップルニュースが流れる中3組のカップルはお互い警戒しながら行動共をにしたりするので少しはハラハラ。 ただただ犯人探しをしながら観るだけならちょっとつまらない映画かも。しかし犯人を知った瞬間から面白くなります。
明らかな真相! ←てか、なんとなくしか理解できてないけど^^; 極限のサバイバル! もぉ、あなたは釘付けです!

ただ「パーフェクト・ゲッタウェイ(完全な逃亡)」なのになんかスッキリしない。
テーマ:映画感想 - ジャンル:映画
映画 ハ行トラックバック(0) | top↑
| ホーム |次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。